バナナ チップスは太る?ダイエット効果とは?気になるカロリーまとめ!

 

スライスしたバナナをココナッツオイルで揚げた「バナナチップス」。

実はバナナチップスは太るどころではなく少量で満腹感を得やすのでダイエット効果が期待できるおススメな食材なんです!

そこで今回は、バナナ チップスは太る?ダイエット効果は?気になるカロリーまとめ!についてご紹介していきます。

スポンサーリンク

バナナチップスにダイエット効果が!

一般的に「揚げ物」はダイエットの大敵ですよね。

しかしバナナチップスは揚げものですが太るどころかダイエット効果が期待できるんです。

バナナチップスは加工品のため、バナナの栄養が半減していると思われがちですが逆にバナナの水分が抜け、バナナチップスは栄養素が凝縮された食べ物です。

バナナチップスは生のバナナと比べると、骨の生成を助けてくれるマグネシウムなどのミネラル類、体内の余分な塩分の排出を促してくれるカリウム、食物繊維が特に増加傾向にあります。

バナナチップスは太る心配も少なく、ダイエット効果が期待でき、栄養価の高い最高の食材です!

具体的にバナナチップスにはどんなダイエット効果があるのでしょうか?

バナナチップスのダイエットの効果はこれ!

バナナチップスが油で揚げていますが、太ることなく、栄養素が凝縮したのはわかりましたが、バナナチップスのダイエット効果はどんなものがあるのでしょうか?

 

1.食物繊維が便秘を解消してくれる!

バナナ、バナナチップスには食物繊維が豊富に含まれているのは有名です。

食物繊維には、整腸作用があり体の中の腸内環境を整えてくれる働きがあります。

便秘が解消されると、体内に溜まった老廃物を排出することが出来るため、太ることなく、痩せやすい体を作ることが出来ます。

つまり、バナナチップスに含まれる食物繊維によって便秘の解消が促され、太ることなく、ダイエット効果が期待できるんです。

 

2.カリウムがむくみを解消してくれる!

カリウムには、体内の余分な塩分を排出してくる働きがあり、余分な水分や塩分をため込んで出来るむくみを解消してくれます。

バナナチップに含まれるカリウムは利尿作用があるので、太る原因の余分な水分・塩分を尿と一緒に体外へ排出してくれる手助けをしてくれます。

つまり、バナナチップを食べれば、バナナチップスに含まれるカリウムの働きによって、体のむくみの解消、ダイエット効果が期待できます。

3.ペクチンが血糖値の上昇を抑えてくれる!

血糖値の上昇を抑えてくれるペクチンは太る、肥満の予防に効果があります。

飲食すると血糖値が上昇しますが、この血糖値を下げるため膵臓からインスリンというホルモンが分泌されます。

血糖値はこのインスリンで下がりますが、インスリンには糖質を体脂肪に変えてしまう働きがあるため、太る原因なってしまいます。

そこで、ペクチンを摂取すると、血糖値の上昇を抑えることができるので、結果としてインスリンの分泌量も抑える事になり、太る原因を少なくします。

つまり、ぺプチンを含むバナナチップで血糖値の上昇を抑えてくれることが期待できるので、太る原因を遠ざけ、ダイエット効果も期待出来るのです。

スポンサーリンク

バナナイップスでダイエットの注意点!

少しバナナチップスのダイエット効果に興味がでてきましたか?

ここでバナナチップス ダイエットの注意点をご紹介します。

生バナナよりは太る可能性がある!

バナナチップスは油で揚げてあるので、生のバナナに比べればカロリーが高くなり食べすぎると当然太る原因になります。

美味しくて、ダイエット効果が期待できるからと言って、生バナナと同じ量のバナナチップスを食べ過ぎるとかえって太るので注意が必要です。

生バナナのように1本丸ごとの量などバナナチップスは食べないようにしましょう。

食べすぎは便秘になりやすい!

バナナチップスにも含まれる便秘解消の味方「食物繊維」ですが、摂取しすぎると逆に便秘になってしまうことがあります。

便秘になってしまうと、体内に老廃物をため込みやすくなるので、ダイエット効果の逆で太る原因にもなってしまいます。

つまり、便秘にならないためにもバナナチップスの食べすぎには注意してください。

1日1回程度がおすすめです。

砂糖が使われていないバナナチップスを選ぶ!

バナナチップスにいくら体にいい栄養素が入っていても、砂糖が大量に使われているバナナチップスではダイエット効果が期待できません。

砂糖付のバナナチップスは高カロリーで太る原因になるので、ダイエット中には砂糖をつかっているバナナチップスは控えて、シュガーフリーのバナナチップスを選びましょう。

間食にバナナチップスを食べる!

食事の間が空きすぎると、食事をしたとき一気に血糖値が上がりやすくなります。

そうなるとインスリンも過剰に分泌されて、糖質が体脂肪になってしまうので、バナナチップスはダイエット効果を得る為にも間食・おやつとして食べることをおススメします。

間食にバナナチップスを食べることで、太る原因の1つ過剰なインスリンの分泌を抑えることができ、空腹も満たせるのでダイエット効果も期待できます。

バナナチップスのカロリーは?

バナナチップスのダイエット効果に興味が出ても、肝心なカロリーがわからなければ手を出しにくいですよね。

安心してください。バナナチップスのカロリーも調べてきました!

バナナチップスのカロリー

ナナチップスのカロリーは100gあたり540kcal位です。

他の食材を見てみましょうか。

  • チップスター チキン&バジル味100gあたり522kcal
  • 明治きのこの山 が1箱で530kcal
  • マクドナルドのカリフォルニアバーガーが1540kcal

こうカロリーを比べてみると、実はバナナチップスはカロリーは低くなく、高いのがわかりますよね。

これは、バナナに含まれている果物の糖、油の影響を受けやすい食材だからという理由です。

なので、バナナチップスは間食に少量を食べる、くれぐれも食べ過ぎには注意が必要です。

バナナチップスは太る?ダイエット効果とは?気になるカロリーまとめ!

いかがでしたでしょうか。

バナナチップスはダイエット効果が期待できますが、意外とカロリーが高いので驚くかもしれません。

しかし、ジャンクフードなどに比べれば、バナナチップスは栄養価が高いので、バナナチップスを間食でゆっくり噛むことで太ることなく、満腹感を得られるということからダイエット食材に使えるので、バナナチップスはダイエット効果も期待できます。

バナナチップスのダイエット効果 まとめは・・・

1.バナナチップスの食物繊維が便秘を解消してくれる!

2.バナナチップスのカリウムがむくみを解消してくれる!

3.ペクチンが血糖値の上昇を抑えてくれる!

そして、バナナチップスでダイエットの注意点は・・・

バナナチップスは生バナナより太る可能性がるので食べ過ぎに注意!

砂糖が使われていないバナナチップスを選ぶ!

バナナチップスは間食に食べる!

 

生バナナもいいですが、さらに栄養価が高いので食事バランスなども十分考慮して食事に取り入れることで、バナナチップスは十分ダイエット効果が期待できます。

美味しく、バナナチップスを食べてダイエット効果を楽しみましょう。

これらの情報があなたのお役に立てれば幸いです。

気になる次の記事はこちらラカントは太る?ダイエット効果を調査してみた!
2021.7.27
ラカントは太るの? ダイエットを失敗してしまう原因は糖質制限。そこで役に立つのが自然派甘味料ラカントです。今回は、ラカントは太る?やせる?ダイエット効果を調査してみた!について紹介していきます。...
気になる次の記事はこちらドラゴンフルーツは太る?ダイエット効果と気になるカロリーまとめ
2021.9.10
珍しいフルーツに『ドラゴンフルーツ』があります。特徴的な見た目からどんな味なのか、気になりますよね?このドラゴンフルーツですが、そのまま食べても良いし、サラダなどに和えても美味しいのですが、カロリーが気になりませんか?そこで今回は、ドラゴンフルーツは太る?ダイエット効果と気になるカロリーまとめについ...
気になる次の記事はこちらキャラメルは太る?カロリーは?ダイエット中食べてもOK!?
2020.5.31
小さい箱に何個か入ったキャラメルや袋に大量に入った物と色々ありますよね。そこで、今回はキャラメルは太る?ダイエット中食べてもOK?気になるカロリーを調査!について紹介していきます。...
気になる次の記事はこちらアボカドは太る?カロリーとダイエット効果とは?
2020.5.12
アボカドは〝森のバター〟とも言われ、最近は何かと話題のアボカドは今ではお洒落な料理には欠かせない食材ですよね。そこで今回は、アボカドは太る?カロリーとダイエット効果とは?について紹介していきます。...

スポンサーリンク
関連キーワード
たべものの関連記事
  • りんごを毎日食べると太る?ダイエット効果を実際に調査してみた!
  • コンビニおにぎりは太る?ダイエット効果とカロリーを調査!
  • キムチ鍋は太る?ダイエット効果と気になるカロリーを調査!
  • 油揚げは太る?カロリーとダイエット効果を調査してみた!
  • カニは太る?ダイエット効果と気になるカロリーを調査!
  • 森永のミルクココアは太る?ダイエット効果と太る原因はコレだった!
あなたにおすすめの記事