ベーコンは太る?やせる?気になるカロリーとダイエット効果とは?

ベーコンエッグ、パスタ料理、BLTサンドなどなどベーコンを使った料理はたくさんありますよね。

厚切りにしたベーコンを焼いただけでもご飯のオカズになるし、お酒に合うおつまみにもなります。

美味しいからといって、ベーコンをどんどん食べてしまいませんか?

そこで今回は、ベーコンは太る?やせる?気になるカロリーとダイエット効果とは?について紹介していきます。

ベーコンって見た目通りに、カロリーも高そうだし、太っちゃうかなー、なんて気にしながら食べているという声も聞きます。

しかし、ベーコンは食べ方によってダイエット効果が期待できる食べ物なのです。

そのため、ダイエットをしているけど、少し肉を食べたい!加工肉でもいい!という方向けにベーコンの調査をしてきました。

ベーコンを食べて太るのか、カロリー、ダイエット効果はどれくらいなのか、オススメのレシピも紹介するので最後までお付き合いくださいね。

スポンサーリンク

ベーコンで太る原因はこれだった!


そもそも太ってしまうメカニズムは、摂取カロリーと消費カロリーのバランスなので、ベーコンだけが原因で太る!とまでは言い切れません。

しかし、ベーコンがキッカケになってしまうこともあるので、ベーコンで太ってしまう原因を探ってみましょう。

それは、きっと・・・ベーコンの味付けが濃いからご飯(お酒)が進んじゃう!

何もつけないで食べても、塩分がきいているからベーコンって美味しいんですよね。

ベーコン自体の味が濃く、調味料を足さずに食べられるので余計なカロリーがプラスされません。

しかし、ベーコンの味が濃いので白いご飯やお酒がどんどん進んでしまうのが難点でもあります。

ベーコンに含まれている塩分が、食欲増進に繋がってしまうんですね。

 

ベーコンで太るのはカロリーのせい!?


ベーコンのカロリーは100gあたり「405kcal」と高カロリーです。

どれだけカロリーが高いのか、ほかの加工食品も見てみましょう。

魚肉ソーセージ「約161キロカロリー」

ウィンナー「約321キロカロリー」

ボンレスハム「約118キロカロリー」

他の加工肉製品と比べてみると、ベーコンのカロリーが高いのがわかります。

これは、脂質が多く含まれているので高くなってしまうのです。

「カロリーが高いから食べられないや・・・」と諦めるのはまだ早い!

 

カロリーを高くしている脂質を調理の仕方で下げれば、ベーコンをダイエット中にも食べることが可能なんです!

 

スポンサーリンク

ベーコンのカロリーを下げる調理方法紹介!


ハム、ウィンナーなどの肉加工食品よりもカロリーの高いベーコンをダイエット中でも食べたい人必見です。

ベーコンのカロリーを下げる調理方法の紹介です。

ベーコンを茹でる

ベーコンを茹でることで余計な脂分、塩分が溶けだして、カロリーダウンになります。

油を引かずに炒める


油を引かないで、ベーコンをカリカリに炒めることで余分な脂が出ます。

すると自然と、余計な脂分を落とし、ヘルシーになります。

キッチンペーパーで拭く

ベーコンを調理前にキッチンペーパーで拭いただけでも、余分な脂分が結構取れるので簡単にカロリーをカットできます。

 

ダイエット効果が期待できる組み合わせ料理とは?

そして、ベーコンを使ってよりダイエット効果を期待できるのが食べ物との組み合わせです!

野菜と一緒に「ベーコンサラダ」

いつも食べているサラダ、ドレッシングの代わりにカリカリに炒めたベーコンはいかがでしょうか?

ドレッシングをかけなければ、それだけでカロリーオフになります。

野菜は、便秘解消してくれる食物繊維、むくみ解消効果のカリウムなどダイエット成分を摂取できるのでとてもおススメです。

また、野菜だけでは物足りなくても、ベーコンを足すことで満腹感も得られて、食事量も減らすことができます。

まさに、野菜とベーコンサラダは一石二鳥ですね。

胡椒をかけて「シンプルベーコン」

シンプルに胡椒をかけて食べる方法もあります。

胡椒に含まれている「ピペリン」は血管を拡張、血液循環が良くなるので代謝がアップして、痩せやすい体を作ってくれますよ。

この時もベーコンをカリカリに炒めることを忘れずに!

 

いかがでしょうか。

ベーコンのカロリーオフをする調理方法がわかったところで、次は、ベーコンを食べて得られるダイエット効果を見てみましょう。

ベーコンのダイエット効果は3つ!

脂っこくて、ダイエット中の人には嫌煙しがちなベーコンですが、実はダイエット効果が期待できます。

そのダイエット効果は3つ。

ベーコンのたんぱく質が基礎代謝を高める

ベーコンに使われている肉は「豚肉」です。

この豚肉はたんぱく質が多い食材です。

たんぱく質は、体の良質な筋肉を作る働きをサポートしてくれます。

その結果、良質な筋肉が作られれば、体の基礎代謝が上がり、1日の消費カロリーを増やせるのでダイエット効果が期待できます。

ビタミンB群が糖質、脂質の代謝を促す

また、ベーコンの原材料の豚肉にはビタミンB群も豊富に含まれています。

ビタミンB群は、体脂肪になりやすい糖質や脂質の代謝を促す働きがあります。

この2つを効率よく代謝してくれるので、ベーコンで太りにくい体を手に入れるのも夢じゃないです!

カルニチンが脂肪燃焼を促す

まだ、まだあります。

ベーコンの豚肉にはカルニチンというダイエットには欠かせない成分が豊富にあります。

このカルニチン、体に溜まった体脂肪を燃焼してくれるんです。

カルニチンを摂取するだけでも、脂肪燃焼が期待できますが、これに合わせて有酸素運動を行ったら、よりダイエット効果が発揮できそうですね。

ベーコンは太る?やせる?気になるカロリーとダイエット効果とは?まとめ

高カロリー・高脂質・塩分も強いイメージのベーコンですが、上手に食事に取り入れるとダイエット中でも食べらえることができます。

ただし、美味しいからといって食べ過ぎや食べ合わせ、調理方法には気を付けてくださいね。

これらの情報があなたのお役に立てれば幸いです。

気になる次の記事はこちらマカロニは太る?やせる?気になるカロリーとダイエット効果とは?
2020.3.15
【マカロニ 太る】 お店に行くと色々なパスタの種類があり何にしようか 迷う事ってありますよね? パスタを食べたいけど上手に作る自信は無い人などは マカロニを使いマカロニサラダを作る事が多いと 思いま...
気になる次の記事はこちらにんにくは太る?やせる?気になるカロリーとダイエット効果とは?
2020.2.29
料理を作る時に味を整えたり香りや風味を出す為にはにんにくがよく使われます。そこで、今回はにんにくは太る?やせる?気になるカロリーとダイエット効果とは?について調べました。...

スポンサーリンク
関連キーワード
たべものの関連記事
  • カルパスは太る?気になるカロリーと太る原因とは?
  • こんにゃくゼリーは太る?痩せる?カロリーとダイエット効果とは?
  • 魚肉ソーセージは太る?やせる?カロリーと太る原因を調査!
  • レモンサワーは太る?気になるカロリーと太る原因とは?
  • ガムは太る?カロリーとガムダイエット効果を調査!
  • インゼリーは太る?痩せる?カロリーとそのダイエット効果を調査!
あなたにおすすめの記事