チヂミは太る?ダイエット効果ある?ダイエットレシピを5つ紹介!
※この記事はアフィリエイト広告を利用しています

韓国料理の大定番と言えば、チヂミ。

焼肉店や韓国料理店で楽しめますがチヂミは食べると太るのでしょうか?

以外にもチヂミにはダイエット効果があるという噂も。

そこで今回は、チヂミは太る?ダイエット効果ある?ダイエットレシピを5つ紹介!について紹介していきます。

目次

チヂミは太る?チヂミのカロリーは?


チヂミ(煎餅)は、韓国の伝統的な料理で、小麦粉、卵、水、油と一緒に炒めたお好みの具材(キムチ、肉、海鮮類、野菜など)を加えて作られる、薄くてパンケーキのような料理です。

チヂミの調味料として、塩、コショウ、酒、ニンニク、ショウガなどを加え、ポン酢や醤油などのたれを添えて食べることが一般的です。

チヂミは軽食や居酒屋メニューとして親しまれており、韓国料理店や日本の居酒屋でも提供されています。

チヂミのカロリーは一枚あたり、具材や大きさなどによって異なりますが、一般的な大きさのもの(直径約15cm)で約350~500kcal程度です。

太らずにチヂミを食べたい場合は、量や具材、揚げる油の量などを考慮して食べるようにしましょう。

チヂミを食べると太るの?

チヂミを食べて太るかどうかは、チヂミの食べ方や量にもよりますが、チヂミは一般的にカロリーが高い傾向にあります。

小麦粉などの炭水化物や油で揚げたものですので、過剰に食べると太る可能性があります。

ただし、お好みの具材が豊富で、野菜なども使用されるため、栄養バランスを考えて食べることもできます。

チヂミは適量を守って食べれば太る心配はありませんが、ダイエット効果が期待できるわけではありません。

チヂミは太る?チヂミでダイエットする方法とは?

チヂミ自体は油分が多くカロリーも高いので、そのまま食べてダイエットすることは難しいかもしれません。

ただし、以下の方法で少し工夫することで、ダイエット中でもチヂミを楽しんで食べることができます。

チヂミの太らない食べ方は以下のような方法です。

1. チヂミに野菜を多めに入れる

チヂミに野菜を多めに入れることで、少量のチヂミで満腹感を得られるだけでなく、栄養バランスも良くなります。

また、チヂミの生地に野菜をたっぷりと入れると、食物繊維や栄養素を摂取でき、食物繊維の働きで便通が良くなりダイエット効果が期待できます。

そして、野菜の水分が蒸発することで、少しでも油分を抑えることができます。

2. チヂミを作る際に油を控える

チヂミを作る時、揚げる場合に必要な油は控えめにすることで、チヂミのカロリーを減らすことができます。

また、油の種類をオリーブオイルなどヘルシーな油に変更することで、チヂミの太らない食べ方となります。

3. チヂミのタレを控えめにする

チヂミのタレには砂糖や塩分が含まれているため、チヂミのカロリーを抑えるためにもチヂミのタレは適量に抑えることが大切です。

また、タレとしてヘルシーなダイエット中でも食べられるしょうゆや酢、ラー油などを使いましょう。

4. チヂミを小分けにして食べる

チヂミで太らない食べ方として、一度に大量に食べず、小分けにしてチヂミを軽く食べることで、過剰なカロリー摂取を防ぐことができます。

つまり、フライパン1面に広げたチヂミを作るのではなく、直径15センチ程度の小さなチヂミを作ります。

そうすることで、1度に大量に食べるのをを抑えることができ、結果としてチヂミで太るのを避けることができます。

5. チヂミを揚げずに焼く

チヂミを油で揚げずに軽く焼くことで、揚げた場合よりもチヂミのカロリーを控えることができます。

以上のようなチヂミの食べ方などを工夫をすることで、ダイエット中でもチヂミを楽しむことができ、ダイエット効果も期待できます。

ただし、チヂミの食べ過ぎには注意し、ダイエット中はバランスの良い食事を心がけましょう。

チヂミを使った太る心配なし!ヘルシーなダイエットレシピを5つ紹介!

チヂミを使った太る心配がないヘルシーなダイエット向けのレシピを5つ紹介します。

1. 野菜たっぷりチヂミ

野菜たっぷりチヂミは、韓国料理の代表的な一品であり、野菜をたっぷりと使ってヘルシーでダイエット向けでもある美味しい料理です。

野菜たっぷりチヂミの詳しいレシピをご紹介します。

【野菜たっぷりチヂミ材料】(2人分)

  • 中力粉:150g
  • 卵:1個
  • 水:200ml
  • キャベツ:1/4個
  • にんじん:1本
  • しいたけ:2枚
  • もやし:100g
  • 長:ネギ本1本
  • 韓国のり:適量
  • サラダ油:適量
  • 塩:少々
  • こしょう:少々
  • お好みで、醤油や辛子味噌を添える

【野菜たっぷりチヂミ作り方】

  1. まず、キャベツは千切りに、にんじんはせん切りに、シイタケは薄切りに、長ネギは斜め切りにします。
  2. ボウルに中力粉を入れ、卵と水を加えてよく混ぜます。
  3. 野菜を生地に加え、塩とこしょうで味を調えます。全体が均一に混ざるように、しっかりと混ぜ合わせましょう。
  4. フライパンにサラダ油を熱し、生地を適量(およそ1/2カップ分)流し入れます。生地が広がるようにフライパンを見つめ、中火で約2〜3分焼きます。
  5. チヂミの下側がしっかりと固まったら、ひっくり返してもう片方の面も同様に2〜3分焼きます。
  6. フライパンから取り出したら、器に盛り付けます。韓国のりをトッピングし、お好みで醤油や辛子味噌を添えていただきます。

 

野菜たっぷりチヂミの魅力は、豊富な野菜の食感と旨みをできることです。

野菜たっぷりチヂミはキャベツやにんじん、シイタケなどの野菜がたっぷり入っているため、栄養バランスもよく楽しんで、ダイエット中の方にもおすすめです。

また、野菜の種類や量をお好みでアレンジすることができます。

例えば、野菜たっぷりチヂミはピーマンやもやし、玉ねぎなど、自分の好きな野菜を決めることで、より自分好みのチヂミを作ることができます。

野菜たっぷりチヂミは、食材の組み合わせ付けの味のバリエーションによって、様々なアレンジが可能です。

そして、野菜たっぷりチヂミは、調理方法も自由度が高く、揚げるだけでなく、焼くこともできます。

焼いた場合は外側がカリットとして香ばしく仕上がります。

さらに、野菜たっぷりチヂミには様々なソースや付け合わせを添えることで、味わいを増やすことができます。

野菜たっぷりチヂミのソースには韓国風の辛子味噌や醤油だけでなく、マヨネーズやお好みのドレッシング、甘酸っぱいタレなども相性が良いです。

野菜たっぷりチヂミは、家庭料理としてだけでなく、パーティーや食事会のメニューとしても活躍します。

小さくカットして手軽に食べられるので、野菜たっぷりチヂミは手作りのおもてなし料理としても喜ばれることでしょう。

さらに、野菜たっぷりチヂミは冷めても美味しく食べられるので、残ったチヂミは翌日のお弁当やおやつにも活用することができます。

野菜たっぷりチヂミはレンジで温めるか、トースターで軽く焼き直しと、またサクサクとした食事感覚が助かります。

野菜たっぷりチヂミは、ヘルシーで栄養豊富なダイエット向け料理として知られています。

野菜の栄養素や食物繊維がたっぷり摂れるだけでなく、美味しさもゆっくり楽しむことができます。

ぜひ、この野菜たっぷりのヘルシーなダイエットメニューの1つ、チヂミの詳しいレシピを参考にして、自宅で簡単に作ってみてください。

家族や友人と一緒に楽しむことで、より美味しさも倍増することでしょう。

ヘルシーなダイエット向けチヂミをたっぷりお試しください。

2. ツナチジミ

ツナ缶と玉ねぎ、小麦粉、卵を使って作る簡単チヂミのダイエットレシピです。

玉ねぎをみじん切りにして入れることで、甘みがあって美味しいです。

ヘルシーでダイエット向けのチヂミのレシピは、ツナの旨味と野菜の栄養を組み合わせたヘルシーな一品です。

ヘルシーなダイエット向け、ツナチヂミの詳しいレシピをご紹介します。

【ツナチヂミ材料】(2人分)

  • 中力粉:150g
  • 卵:1個
  • 水:200ml
  • ツナ缶(水煮またはオイル漬け):100g
  • キャベツ:1/4個
  • にんじん:1本
  • もやし:100g
  • 長:ネギ本1本
  • ごま油:弱じ1
  • しょうゆ:小さじ2
  • お好みで、ごまや白ごま、七唐味辛子などを添える

【ツナチヂミ作り方】

  1. キャベツは千切りに、にんじんはせん切りに、長ネギは斜め切りにします。
  2. ボウルに中力粉を入れ、卵と水を加えてよく混ぜます。
  3. ツナ缶をよく水切りし、ボウルに加えます。ツナはフォークなどでほぐしておくとより均一に分かります。
  4. 野菜(キャベツ、にんじん、もやし、長ネギ)をツナと生地に加えます。ごま油としょうゆを加えて、全体が均一に混ざるようにしっかりと混ぜ合わせましょう。
  5. フライパンにサラダ油を熱し、生地を適量(およそ1/2カップ分)流し入れます。生地が広がるようにフライパンを見つめ、中火で約2〜3分焼きます。
  6. チヂミの下側がしっかりと固まったら、ひっくり返してもう片方の面も同様に2〜3分焼きます。
  7. フライパンから取り出したら、器に盛り付けます。ごまや白ごま、七味唐辛子などをトッピングして、お好みでソースやドレッシングを添えていただきます。

     

    ヘルシーなツナチヂミは、ツナの良質なタンパク質やオメガ-3脂肪酸を摂ることができるだけでなく、野菜の栄養素もたっぷり摂れるダイエット向けメニューです。

    さらに、ごま油やしょうゆなどの調味料で深い味わいを楽しむことができます。

    ヘルシーなツナチヂミは、ランチや軽食、おつまみとしても最適です。

    ヘルシーなツナチヂミは手軽にできるので、忙しい日常でも簡単に準備できます。

    ぜひ、このヘルシーなツナチヂミのレシピを参考にして、バランスの取れた食事を楽しみながら、健康的にダイエットに取り組んでみてください。

    3.五穀米と野菜のヘルシーチヂミ

    五穀米と野菜のヘルシーチヂミの材料】(2人分)

    • 五穀米:1カップ
    • 中力粉:50g
    • 卵:1個
    • 水:150ml
    • キャベツ:1/4個
    • にんじん:1本
    • もやし:100g
    • 長:ネギ本1本
    • ごま油:弱じ1
    • 塩:少々
    • こしょう:少々

    【五穀米と野菜のヘルシーチヂミの作り方】

    1. 五穀米は洗って炊きます。炊き上がったら粗熱を取り、粒がバラけるようにほぐします。
    2. キャベツは千切りに、にんじんはせん切りに、長ネギは斜め切りにします。
    3. ボウルに中力粉を入れ、卵と水を加えてよく混ぜます。
    4. ボウルに五穀米、キャベツ、にんじん、もやし、長ネギを加え、ごま油、塩、こしょうで味を調え、よく混ぜ合わせます。
    5. フライパンにサラダ油を熱し、生地を適量流し入れて焼きます。
    6. 何度がきれいに焼けたら完成です。お好みで、醤油や辛子味噌を添えていただきます。

    これらのチヂミのヘルシーアレンジレシピは、野菜や豆腐、シーフードなどの具材を使って栄養バランスを考え、よりヘルシーでダイエット向けで美味しいメニューに仕上げています。

    ヘルシーな食事を楽しみながら、ダイエットも楽しみ、チヂミの美味しさを満喫しましょう。

    4.ほうれん草と豆腐のヘルシーチヂミ

    【ほうれん草と豆腐のヘルシーチヂミの材料】(2人分)

    • 中力粉:150g
    • 卵:1個
    • 水:200ml
    • ほうれん草:100g
    • 絹ごし豆腐:100g
    • 長:ネギ本1本
    • ごま油:弱じ1
    • 塩:少々
    • こしょう:少々 

    【ほうれん草と豆腐のヘルシーチヂミの作り方】

    1. ほうれん草は茹でて水気を絞り、細かく刻みます。
    2. 絹ごし豆腐は水切りして潰し、長ネギは斜め切りにします。
    3. ボウルに中力粉を入れ、卵と水を加えてよく混ぜます。
    4. ボウルにほうれん草、絹ごし豆腐、長ネギを加え、ごま油、塩、こしょうで味を調え、よく混ぜ合わせます。
    5. フライパンにサラダ油を熱し、生地を適量流し入れて焼きます。
    6. 両面がきれいに焼けたら完成です。お好みで、醤油やポン酢を添えていただきます。

    5. カレー風味のチヂミ

    カレー風味のチヂミは、スパイシーな香りと風味豊かな味わいが特徴的な一品です。

    カレー風味チヂミの詳しいレシピをご紹介します。

    このアレンジレシピは、チヂミに独特のアジアンな風味をプラスすることで、新しい食べ方を楽しむことができます。

    【カレー風味のチヂミの材料】(2人分)

    • 中力粉:150g
    • 卵:1個
    • 水:200ml
    • カレー粉:弱じ1
    • にんじん:1本
    • 玉ねぎ:1/2個
    • インゲン豆:10本
    • キャベツ:1/4個
    • しめじ:100g
    • サラダ油:適量
    • 塩:少々
    • こしょう:少々
    • お好みで、マヨネーズやソースを添える

    【カレー風味のチヂミ作り方】

    1. にんじん、玉ねぎ、インゲン豆、キャベツ、しめじをそれぞれ食べやすい大きさに切ります。
    2. ボウルに中力粉を入れ、卵と水を加えてよく混ぜます。
    3. ボウルにカレー粉を加え、しっかりと混ぜ合わせます。生地全体に均一にカレー風味が行き渡りましょう。
    4. 切った野菜を生地に加え、塩とこしょうで味を調えます。全体が均一に混ざるように、しっかりと混ぜ合わせましょう。
    5. フライパンにサラダ油を熱し、生地を適量(およそ1/2カップ分)流し入れます。生地が広がるようにフライパンを見つめ、中火で約2〜3分焼きます。
    6. チヂミの下側がしっかりと固まったら、ひっくり返してもう片方の面も同様に2〜3分焼きます。
    7. フライパンから取り出したら、器に盛り付けます。お好みでマヨネーズやソースを添えて、熱いうちにお召し上がりください。

    カレー風味チヂミは、カレー粉のスパイシーな香りと野菜の旨みが絶妙に調和した一品です。

    野菜の種類や量はお好みでアレンジすることができますので、自分の好きな具材を追加しました、量を調節してみてください。

    カレー風味チヂミは、ランチやディナーのメインディッシュとして楽しむことができます。

    また、パーティーや食事会のメニューとしても人気です。

    野菜とスパイスの組み合わせで、ヘルシーでダイエット向けで栄養豊富な食事を楽しみながら、チヂミの新しい味わい楽しんでみてください。

    チヂミを食べる健康的なメリットは?

    チヂミには、野菜がたっぷり入っているため、栄養豊富で健康的なメリットがあります。

    ビタミンCが摂れる!

    例えば、チヂミに含まれるキャベツにはビタミンCが豊富で、そして鉄分やカルシウムを含むため、貧血や骨粗しょう症の予防に効果的です。

    ビタミンAが摂れる!

    また、チヂミに含まれる、にんじんにはビタミンAが豊富で、視力を保つために役立つとされています。

    チヂミには野菜の栄養素がたっぷり含まれているため、美容や健康、さらにダイエット効果があるといわれています。

    チヂミを食べて健康的なデメリットはある?

    チヂミは揚げ物であるため、油を多く含む食品です。

    チヂミで多くの油を摂ることは、肥満や高脂血症、動脈硬化などの健康的なデメリットを引き起こす可能性があります。

    また、チヂミには小麦粉が多く使われる場合もありますので、炭水化物過多にも注意が必要です。

    チヂミで太ることを心配しないためにも、チヂミを食べる量やバランスを考慮して、適度に召し上がってください。

    チヂミの代用品はある?

    チヂミに代用品はいくつかあります。

    以下はチヂミのいくつかの代替品の例です。

    1. オクラクレープ

    オクラの粉末を加えた薄いクレープ状のもので、チヂミのように焼いて食べることができます。

    2. ポテトパンケーキ

    じゃがいもを主原料としたパンケーキで、チヂミの風味とテクスチャーに似ています。

    3. タコヤキ

    チヂミと同じく小麦粉ベースの食品で、中にタコを詰めて丸く焼きます。

    チヂミと同じく、ソースやマヨネーズをかけて食べることができます。

    チヂミは太る?ダイエット効果ある?まとめ

    いかがでしたでしょうか。

    チヂミは、美味しさと手軽さから多くの人に愛される料理ですが、気になるのはそのカロリーやダイエット効果です。

    まとめると・・・

    チヂミのカロリー

    まず、チヂミのカロリーについてですが、具材や調理方法によって異なります。

    一般的な野菜チヂミの場合、野菜が主成分であり、中力粉や卵が少量使用され比較的低カロリーな食品と言えます。

    なお、油で揚げる場合はカロリーが上がるため、揚げずに焼くなどの調理方法を選ぶことでカロリーコントロールが可能です。

    チヂミのカロリーは一枚あたり、具材や大きさなどによって異なりますが、一般的な大きさのもの(直径約15cm)で約350~500kcal程度です。

    チヂミのダイエット効果

    チヂミに含まれる野菜は食物繊維やビタミン・ミネラルが豊富であり、栄養素のバランスをよく摂ることができるので、食べ過ぎを控えればダイエットに役立ちます。

    なお、具材や調理方法によっては油の摂取量が増える場合があるため、適度な量を守りながら摂取することが大切です。

    チヂミを太らない食べ方としては、以下のポイントに注意しましょう。

    1. 野菜の量を増やす:野菜をたっぷりと使うことで、満腹感を得ながらカロリーを大切にできます。キャベツやもやし、ほうれん草などの野菜を追加がおすすめ!
    2. 揚げずに焼く:油で揚げるとカロリーが上がりますので、フライパンで焼くか、オーブンを使って焼き上げる方法を選びましょう。油を使わない場合もありますので、調理方法によってカロリーコントロールが可能!
    3. ソースやドレッシングの選択:チヂミに添えるソースやドレッシングもカロリーに影響を与えます。ヘルシーな選択肢として、低脂肪のヨーグルトソースやポン酢、さっぱりとした酢醤油などがおすすめ!
    4. 適度な量を守る:チヂミは美味しくてあまり食べ過ぎてしまうことが多いですが、適度な量を守ることが大切。満腹感を得るために、食べるスピードをゆっくりとすることも効果的!

     

    このようにチヂミは、野菜をたっぷり摂ることができる一品ですが、具材や調理方法、食べ方によってカロリーとダイエット効果は変わってきます。

    野菜の摂取や食物繊維の補給に考えて、油の摂取量にまた注意が必要です。

    バランスの取れた食事と適度な運動と注意しながら、チヂミを食べて太ることなく健康的なダイエットを実現することができます。

    自分の目標や体調に合わせて、チヂミを楽しみながら正しいな食事管理を心掛けましょう!

    これらの情報があなたのお役に立てれば幸いです。

    美味しいものを太るか気にせずに食べたい方は 食べる前に飲むことで糖質を制限してくれるサプリがおすすめです⇩
    あなたにおすすめの記事