レバーは太る?ダイエット効果はある?ヘルシーなダイエットレシピを紹介!
※この記事はアフィリエイト広告を利用しています

レバーを食べると太るのでしょうか?

結論として、レバーを食べ過ぎると太る可能性がありますが、レバー自体が太る原因となることはありません。

そこで今回は、レバーは太る?ダイエット効果はあるの?ヘルシーなダイエットレシピを紹介!について紹介していきます。

レバーは太る?ダイエット効果は?

レバーは栄養価が高く、たんぱく質、鉄分、ビタミンA、ビタミンB12などが含まれています。

レバーは適量を摂取することで、栄養バランスの良い食生活を維持し、太るのを防ぐことができます。

ただし、レバーは動物肝臓から取得されるため、その肝臓が汚染物質や重金属などの有害物質を含んでいる場合もあります。

レバーを食べる際には、太るか気にする前に、美味しく健康的に食べるために大前提として新鮮で安全なものを選ぶことが重要です。

レバーは太る?レバーを太らずに食べる方法

レバーを太ることなく、美味しく食べるためには、以下の5つポイントを意識しましょう。

1. レバーは適量の摂取量を守る

レバーは栄養価が高く、過剰に摂取するとカロリーオーバーになり、太る原因となります。

レバーの適量は1食あたり100グラム程度が適量とされています。

2. レバーの調理器具を工夫!

レバーを食べる際には、レバーの脂肪や余分なカロリーが付きすぎないように、鉄板やフライパンで調理しましょう。

また、レバーを調理する際の油の使う量にも注意し、レバーが高カロリーにならないように、体によくヘルシーなオリーブオイルやサラダ油など健康的なものを選び、少量を使いましょう。

3. レバーの味付けには低カロリーの調味料!

レバーにはクセがあるため、砂糖や醤油など高カロリーな調味料を多く使ってしまう場合があります。

代わりに、レバーの味付けには低カロリーで美味しい調味料として、レモンや塩、にんにくなどの調味料を使用してみましょう。

4. レバーは野菜と一緒に食べる!

レバーの料理には野菜をたくさん食べることで、余計なカロリーを摂らずに満腹感を得ることができます。

野菜と一緒にレバーを食べることで、ヘルシーで満足感を得られる食事になります。

5. 赤身肉や魚介類と組み合わせる

レバーに含まれる栄養素は豊富ですが、脂肪分も多いので、他のタンパク質源と組み合わせて食べることでバランスよく栄養を取り入れることができます。

さらにレバーは揚げ物など脂を多く含む調理法は避け、オーブン焼きや蒸し焼きなど、脂を減らした調理法で食べることをお勧めします。

以上の5つのポイントを参考に、レバーで太ることなく健康的に摂取してください。

レバーは太る?レバーを食べる健康的なメリットは?

レバーには栄養が豊富に含まれており、健康に良いメリットがあります。

1. レバーは鉄分が豊富

レバーにはヘム鉄という体に吸収しやすい鉄分がたっぷり含まれています。

レバーに含まれる鉄分は貧血の予防や免疫力アップに役立ち健康的なメリットです。

2. レバーはビタミンAが豊富

レバーにはビタミンAが多く含まれており、ビタミンAの効果として目の健康維持に役立ちます。

3. レバーは高たんぱく

レバーにはたんぱく質が豊富に含まれています。

レバーに含まれるたんぱく質は筋肉や臓器、血液や髪や爪の生成に必要不可欠で、不足しがちなたんぱく質をレバーで補うことが来ます。

4. ニコチン酸が豊富

レバーにはニコチン酸が豊富に含まれています。

レバーに含まれるニコチン酸は脂肪の代謝や血液循環を促進し、肌や髪に良い影響を与え、健康的なメリットです。

レバーは太る?レバーを食べる健康的なデメリットは?

レバーは栄養価が高く、多くの人が好んで食べますが、摂取量や頻度が多い場合にはいくつかの健康的なデメリットがあります。

それらは以下の通りです。

1. レバーで鉄分を過剰摂取

レバーは鉄分が豊富なため、過剰な摂取が鉄過剰症を引き起こす可能性があります。

鉄過剰症は、食欲不振、腹部の痛み、下痢、吐き気などの症状を引き起こすことがあります。

つまり、レバーを大量に食べると鉄過剰症を引き起こす可能性があるため、適量の一日100ブラムを目安に美味しく食べましょう。

2. レバーでビタミンA過剰

レバーにはビタミンAが多く含まれるため、過剰摂取すると脂溶性ビタミンA中毒のリスクがあります。

ビタミンA中毒は骨粗しょう症や肝障害につながることがありますので、レバーの食べ過ぎには要注意です。

3. レバーでコレステロール増加?

レバーにはコレステロールが多く含まれるため、レバーの過剰な摂取が血中コレステロール値の上昇を引き起こす可能性がありますので、食べ過ぎには注意が必要です。

4. レバーで消化不良!?

レバーには消化に必要な時間がかかるタンパク質が含まれるため、大量のレバーを食べることで消化不良を引き起こすことがあります。

レバーを食べる際はよく噛んで、1日の適量を食べましょう。

これらの健康的なデメリットを避けるためには、レバーを摂取する量や頻度に注意し、バランスの良い食事を心がけることが重要です。

レバーでダイエットする方法とは?

レバーには栄養が豊富で、特にタンパク質や鉄分、ビタミンA、ビタミンB12が含まれています。

レバーのこれらの栄養素は、代謝を刺激し、体脂肪を減らす効果があり、ダイエット効果が期待できます。

ただし、レバーは高たんぱく・高カロリーで、摂りすぎると逆に太う原因になる可能性があるため、レバーの摂取量には注意が必要です。

レバーを食べてのダイエット中は、1週間に2~3回程度、レバーを100g程度の少量に抑えることが良いでしょう。

また、レバーを揚げたり、煮付けたりするとカロリーや脂質が増えてしまうので、レバーを調理する時は焼いたり蒸したりする調理方法を選ぶのがレバーでダイエットする際にはおすすめです。

さらに、レバーを中心としたバランスの良い食事を心がけることで、健康的にレバーでダイエットを行うことができます。

レバーで太る心配がないヘルシーなアレンジレシピを公開!

レバーは健康に良い栄養素が詰まった食材ですが、レバーをフライにしたり焼いたりすると油分が増えてしまい、カロリーが高くなり太る原因になってしまいます。

以下に、レバーを使ったヘルシーなアレンジレシピをご紹介します。

■ レバーペーストの作り方

材料:レバー、玉ねぎ、ニンニク、オリーブオイル、塩

・レバー...200g
・玉ねぎ...半分
・ニンニク...1かけ
・オリーブオイル...大さじ2
・塩、こしょう...適量

1. フライパンにオリーブオイルを熱し、みじん切りにした玉ねぎとニンニクを炒める。

2. レバーを加えて全体を炒める。火が通ったら、塩を加えて味を整える。

3. ブレンダーにかけてペースト状にし、パンにのっけて完成!

手軽でヘルシーなレバーメニューです。

お酒のおつまみから、さっと作れるので朝食にもGOOD。

■ レバーと野菜の炒め物の作り方

材料:レバー、にんじん、ピーマン、玉ねぎ、しめじ、オリーブオイル、しょうゆ、塩、コショウ

1. レバーを食べやすい大きさに切り、塩とコショウをふる。

2. 野菜を細かく切る。

3. フライパンにオリーブオイルを熱し、野菜を炒める。

4. 野菜に火が通ったらレバーを加え、しょうゆで味を整える。

オーソドックスなレバーのメニューですが野菜との相性も抜群でおすすめです。

■ レバーのスープの作り方

材料:レバー、たまねぎ、じゃがいも、にんじん、水、コンソメ、塩、コショウ

1. レバーを食べやすい大きさに切り、塩とコショウをふる。

2. 野菜を大きめに切る。

3. 鍋に水と野菜を入れ、煮込む。

4. 野菜に火が通ったらレバーを加え、コンソメ・塩・コショウで味を調えて完成!

朝食や、寒い時期にも美味しくヘルシーにレバーを楽しめます。

■低カロリーのレバーサラダ

材料:レバー、レタス、トマト、セロリ、玉ねぎ、ドレッシング

・レバー...100g
・レタス...適量
・トマト...1個
・セロリ...1本
・玉ねぎ...1/4個
・ドレッシング(オリーブオイル、ワインビネガー、塩、こしょう)...適量

1. レバーは塩水に漬け、15分ほど置く。

2. レタス、トマト、セロリ、玉ねぎは食べやすい大きさに切る。

3. フライパンにオリーブオイルを入れ、レバーを焼く。

4. 焼き上がったレバーを1cm角に切る。

5. サラダボウルに野菜とレバーを盛り付け、ドレッシングをかけて完成!

■レバーシチュー

材料:レバー、じゃがいも、にんじん、トマト、玉ねぎ、水、塩、こしょう

・レバー...200g
・じゃがいも...2個
・にんじん...1本
・玉ねぎ...1個
・トマト...1個
・水...500~600ml
・塩、こしょう...適量

1. 野菜は食べやすい大きさに切る。

2. フライパンにオリーブオイルを入れ、レバーを焼く。

3. 焼き上がったレバーは1cm角に切る。

4. 鍋にレバー、野菜、水を入れ、弱火で煮込む。

5. 野菜が柔らかくなったら、塩、こしょうで味を調えて完成!

いかがでしょうか。

以上のレバーのヘルシーなレシピには、野菜などもたっぷり入っているので、栄養バランスも良く、満足感も得られる1品となっています。

いずれのレシピも、比較的簡単に調理することができ、ヘルシーなレバー料理としておすすめです。

レバーは太る?ダイエット効果はある?ヘルシーなダイエットレシピを紹介まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は、レバーは太る?ダイエット効果はある?ヘルシーなダイエットレシピを紹介!について紹介してきました。

まとめ・・・

・レバーはr食べ過ぎると太る原因になるが、適量を摂取することで栄養バランスの良い食生活を維持し、太るのを防ぐことができる!

レバーを太ることなく、美味しく食べるための5つポイント!

1. レバーは適量の摂取量を守る!

2. レバーの調理器具を工夫!

3. レバーの味付けには低カロリーの調味料!

4. レバーは野菜と一緒に食べる!

5. 赤身肉や魚介類と組み合わせる!

レバーを食べる健康的なメリットは?

1. レバーは鉄分が豊富、2. レバーはビタミンAが豊富、3. レバーは高たんぱく、4. ニコチン酸が豊富

レバーを食べる健康的なデメリットは?

レバーをたべすぎると、鉄分やビタミンAを過剰摂取したり、コレステロールの取りすぎや消化不良になる場合はありますので注意しましょう。

レバーでダイエットする方法!

レバーに含まれる栄養素によって、代謝を刺激し、体脂肪を減らす効果があり、ダイエット効果が期待できる!

ヘルシーなレバーのアレンジメニュー

・レバーペースト

・レバーと野菜の炒め物の作り方

・レバースープ、サラダ、シチューなど

このように、栄養豊富なレバーは1日の食べる量や調理法に気を付ければ基本的に太ることなく、ダイエット効果が期待できる素晴らしい食材です。

美味しくヘルシーな新鮮なレバーを食べて健康的にダイエットにチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

これらの情報があなたのお役に立てれば幸いです。

美味しいものを太るか気にせずに食べたい方は 食べる前に飲むことで糖質を制限してくれるサプリがおすすめです⇩
あなたにおすすめの記事